ライザップのリバウンド率が高いのは本当?

『ブース、ブース』のBGMでライザップ。

芸能人が激ヤセしたビフォーアフターがすごい迫力となっていますよね。

 

そんなライザップですが、リバウンド率が高いと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。

そもそもリバウンド率が高いと言われている理由についてもお伝えしていきます。

 

ライザップはリバウンド率が低い?

ライザップは、基本メニューは2か月で短期間で痩せている上、公式の発表によると、リバウンド率は約7%とかなり低い数字となっています。

ライザップのリバウンド率が低い理由はいくつかあります。

 

知識

ダイエットの知識が身に着くが挙げられます。

ライザップでは、トレーナーの支持の元、自分でも考えて、ダイエットに取り組んでいくため、だんだんと痩せるための知識が豊富に身につきます。

食事制限などの生活習慣を改善してくので、痩せやすい生活習慣になるため、リバウンド率がさらに下がる要因となっています。

 

知識ゼロでも、ダイエット知識豊富になれるので、下手な専門学校にいくよりかはましかもしれませんね。

 

代謝

ダイエットでリバウンドする原因に代謝の低下があります。

ライザップは筋トレをしっかりと行なっていくため、筋肉量が増えることで、基礎代謝が増加するので、1日の消費カロリーが増えやすい状態となります。

 

筋肉がつくと、日常動作も楽になるので、毎日の生活に余裕が出てきます。

 

リバウンド保険

ライザップには独自のシステムのリバウンド保険があります。

ライザップ利用期間中に適用基準を超えてしまったら、無料で16回分のコースが受けられるという優れもの。

なので、うまく行かなかった場合でも、成功する確率が高まるのです。

 

ライザップのリバウント率が高いと言われている理由は?

ライザップのリバウント率が高いと言われている理由の一つに、ダイエットに成功した芸能人のリバウンドがあります。

CMに出演していた芸能人の多くがその後リバウントしたという噂が流れているからです。

 

ライザップが厳しい糖質制限を行なっていくので、ライザップの期間が終了した後はその反動で食べすぎてしまい、結果的にリバウンドしてしまうケースが多いとのこと。

糖質の過剰摂取は肥満の原因ですが、いきていくためのエネルギー源となるので摂取は必須となります。

 

「ライザップでしっかり鍛えたから、ある程度は大丈夫」と思いがちですが、筋肉は鍛えないと結構すぐに落ちてしまい、代謝が落ちやすくなります。

そのため、運動をしなくなると、代謝が落ちてしまうのと合わせて、どか食いによってカロリーの過剰摂取になり、気がついたらリバウンドしているなんてこともあります。

 

ライザップのリバウンド率のまとめ

芸能人でも多くの人が、ライザップで短期間で痩せて、その後リバウンドしてしまった人はどか食いや運動不足が原因となっています。

ライザップは短期間で成果を出すために極端な生活を行うため、それが原因となっているのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、最終的には自己管理となるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です