ダイエット中も食べて平気!糖質制限中に食べられるパンとは?

炭水化物はダイエット中の天敵ですよね。

ご飯、麺類、スイーツなどは基本的には避けなければいけませんが、パンも例外ではありません。

 

糖質制限中でもパンを食べたいという人に向けて、『糖質制限中に食べられるパンをご紹介していきます』

ダイエットの役に立ててみてください。

 

ダイエット中にパンを食べても良いの?

パンは絶対禁止だと感じている人が多いのではないでしょうか?

実はそんなことはありません。

低糖質なパンであれば食べても大丈夫なのです。

 

あくまで、糖質が多く含まれているパンがダメなのです。

そのため、パンを食べてはダメ!とストレスを溜めていくのではなくて、適度に食べていくのがダイエットを成功させるための方法となります。

 

ダイエット中のパンの選び方とは?

糖質の含有量が20〜40gまでのものを選ぶようにしましょう。

糖質制限中の糖質の摂取量は1日で120g以内に止めるのが基本となります。

つまり、最大でも40gとなっているのです。

 

甘いパンなどは一個で糖質が50gを超えるものがあるので購入する時は、十分にご注意ください。

 

未精製がおすすめ

小麦粉を使っているパンは精製されているため、糖質が高くなりがち。

オススメはGI値と糖質が低い、未精製のブランパンを選ぶと糖質制限を成功させる確率が高まります。

 

また、ブランには食物繊維やミネラル分が多く含まれているため、栄養補給にもぴったりなのです。

ちなみに、全粒粉パンがありますが、これは食物繊維が豊富で血糖値の急上昇を抑えてくれる食品となっています。

 

栄養補給をしながら、血糖値の急上昇を抑えることができるので、ダイエットには役立つことでしょう。

GI値は通常のパンが83なのに対し、全粒粉パンは52とかなり低めになっています。

 

天然甘味料

砂糖などの人工甘味料が入っていると、それだけ糖質は高くなってしまいますし、体に悪影響となっています。

体への負担も考えて、天然甘味料のパンをできる限り選ぶようにすると良いでしょう。

 

おすすめの低糖質パンはこれ!

市販されている低糖質のパンでオススメのものをご紹介していきます。

 

シャトレーゼ

安全・安心なお菓子作りに取り組んでいるシャトレーゼから体に優しいパンが発売されています。

数種類あるので、お好みに合わせて選んで観ましょう!

また低糖質のパン以外にも低糖質パン以外にも、ケーキ、アイス、どら焼き、プリン、エクレア、チョコレート、などの低糖質スイーツまでありますので、ダイエット中のデザートにもぴったりです。

 

ピアンタ

ピアンタから発売されているのがカットアンドスリム 低糖質パンとなります。

小麦粉を原材料とした従来品の糖質を55%カットとなっています。

味はチョコレートやクリームなど幅広くあるので、飽きづらくなるのが特徴です。

 

大豆専科ソイコム

ソイコムから発売されているのが、大豆全粒粉パン ピュアゼロです。

大豆全粒粉の栄養素には、脂肪燃焼を促し、体脂肪の増加を抑制する効果が期待できると言われているので、健康にもよいですよ!

 

ローソン

最も手軽に購入できるのが、コンビニローソンから発売されている低糖質シリーズのパンとなります。

中には低糖質と書かれていながら、糖質が多いものがありますが、ほとんどの商品が20g前後となっています。

一度の食事で、2個ほど食べることができます。

 

まとめ

ダイエット中でもパンを食べることができるので、必ずしも禁食する必要はありません。

この記事で紹介したように、体によいパンを選んでダイエット中にストレスを貯めることなくパンを食べ続けてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です